苦行!イグアスへの旅 1日目

着物で世界を旅する、キモノトラベラーERINAです♪

パタゴニアから再びパラグアイへ戻り、その2日後にイグアスの滝へ旅してきました。

パラグアイから2泊3日の旅の予定だったので、ちょっとそこまで♪のお気軽な気分で下調べ殆どせずに出掛けた私。

完全にナメてました( ;∀;)

何たってパラグアイ、ブラジル、アルゼンチンの3ヶ国大移動。

それも、大陸移動。

それも、イースターの大型連休に出掛けてしまったわけで、

大変な旅になりました 笑

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの両国から見ることができるので、当初の予定では、1日目→アルゼンチン側、2日目→ブラジル側の滝を見てそのままパラグアイにある日本人移住地へ行く予定だったのですが・・・

1日目、パラグアイからアルゼンチンへ向かいます。アルゼンチンに入るためには一旦ブラジルを通らないといけないので、

雑な地図・・笑

 

 

 

 

 

 

1日でパラグアイ出国→ブラジル入国→ブラジル出国→アルゼンチン入国の手続きを行います。

パスポートのスタンプ増える増える!!

まず、パラグアイのシウダーデルエステの町まで行き、出国、その後ブラジル入国。

Frontera(国境線)!

ブラジルのイミグレ前でバスに乗ったまでは順調だったけど、

バスに乗ってから、ローカルバスってことに気づき・・

こんな感じのバス

写真は帰りに撮ったもの(行きにこんな余裕なかった 笑)

 

 

 

 

 

「あれ。私どこで降りたらええんやろ(・・?)」

急いでgoogleマップを開くと、目指す町を通り過ぎてる?!

やばい。降りなきゃ!

で・・降りたは良いけど、「ここどこ?」

はい〜道に迷いました( ;∀;)

初めて降りたったブラジルの地。

ブラジル=危険の先入観があったので、もう心臓バックバク。。

これは、オワタ。。(/ _ ; )

とにかく、大きいバスターミナルに行こう!

Googleマップで調べて2km弱の道を歩く。

この2kmの道のりの緊張感ったら、中々のものでしたε-(´∀`; )

汗だくでターミナルに到着し、何とかプエルトイグアス(アルゼンチン側のイグアスの町)行きのバスに乗車。

 

安心したのも束の間、次はブラジルの出国手続きでバスを降りなきゃいけないとうミッションが。。

このアルゼンチン行きのバス、地元の人達はブラジルのイミグレ手続きなしで行けちゃうので、ドライバーさんに「イミグレで降ろして!」って言わないと止まってくれない。

そして、出国手続き中、バスは待ってくれないので、次のバスを待って乗ると言う何とも面倒くさい(-_-)

ちなみに、アルゼンチンの出入国は国籍関係なく全員がバスから降りて手続きを受けることになってるので、バスは待っててくれる。

バスが通過するイミグレはこんな感じ。

これも帰りに撮りました(*´ω`*)

 

 

 

国によって色々ルールが異なるのね。行くまで知らなかったわ。。

今回ばかりは、行ったら何とかなるやろ!のハードルが高すぎた・・(結果、何とかなったけど。。)

パラグアイのシウダーデルエステからアルゼンチンのプエルトイグアスまでは、地図で見ると車で1時間くらいの距離なのに、約3時間かけて移動・・(道に迷ったのも大きいか。)

プエルトイグアスの町に着いた時はすでに15:30だったので、この日はイグアスの滝へ行くのを諦めて、翌日へ予定変更。

(イグアス国立公園の入園は16:30締切り)

・・・ん?待てよ。。

そうなると、イグアスの町でもう1泊した方が良さそうやなと思い、ホテルを探してみるも、イースターの大型連休のためか、宿が全然空いてなーーい( ;∀;)!

なんとか、フォスドイグアス(ブラジル側のイグアスの町)で宿を見つけ出して、予約。

その後、満月の前後日に実施されるイグアスの滝フルムーンウォークを予約したいと思って、旅行会社に行ったら閉まってる。。ほんとついてない( ;∀;)!!

もう移動と旅程変更に疲れ切っていたし、翌日滝が見れればそれで良し!と割り切ったのでした。。

長かった1日が終わる。。

果たして、翌日無事に世界遺産イグアスの滝が見れたのか?!

後半へ続きます。。

関連記事

  1. ペリト・モレノ氷河トレッキング(前半)

  2. 浴衣 de 公園散歩

  3. ペリト・モレノ氷河トレッキング(後半)

  4. チリ アタカマ砂漠 ~ ボリビア ウユニ塩湖 ⑤

  5. パイネ国立公園

  6. パタゴニアでサファリ?!

  7. いってきます♪

  8. 人生初のビジネスクラス(*’ω’*)♪

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA